6章16 ユーザー設定

P5は各ユーザーの管理を行いません。権限はサーバーの機能である、各OSの一般的なアクセス権限を使用しています。ユーザー設定から、各ユーザーが使用できる機能を制限または許可する事ができます。
初期状態では、各ユーザはgeneric userの設定内容が反映された権限設定となります。

P5はユーザーが行う全ての操作を追跡し記録します。これによりユーザーは前回の操作セッションで中断したところから操作を再開継続する事ができます。


6.16.1 ユーザー設定

  1. ウェブブラウザを使ってP5に管理者としてログインします。
    ※詳しくは4章1「ウェブブラウザの起動」を参照ください
  2. トップメニューからモジュール(バックアップなど)を選択し、画面左下の「拡張オプション」から「ユーザー環境設定」を開きます。
  3. 画面下から「新規」を選択します。
  4. 各項目を設定します。

    p5usercreate

ユーザー名: … ユーザー名を入力します。コロン「:」や空白文字は使用できません。

説明:  … ユーザーの説明欄です。

ステータス:

ステータスはユーザーの有効・無効を設定します。
» 有効: このユーザー設定はシステムに利用されます。
» 無効: このユーザー設定はシステムに利用されません。


☆データブラウザ設定

ユーザーログインを許可

このボックスをチェックする事で、ユーザーはP5へのログインをする事ができます。
Generic userの設定でこのチェックボックスを解除すると、新規ユーザーはログインできなくなります。

ローカルユーザーの自動ログインを許可

このボックスをチェックすると、自動的ログインと認証を解除します。安全性のため、自動ログインは他のホストの影響を受けません。

ログイン動作:

ユーザーがログインした時のアプリケーションの動作を設定できます。デフォルトでは、全体のインターフェイスが表示されるように設定されています。またログイン動作を設定すると、ユーザーはそのログインエリアへアクセスする事ができなくなります。


操作

この機能は各ユーザー別に設定する事ができます。またこの機能はログインエリアも影響します。
» ユーザのリストアを許可 … ユーザーはデータをアーカイブ/バックアップからリストアする事ができます。
» ユーザのアーカイブを許可 … ユーザーはオンラインデータをアーカイブする事ができます。

☆通知

p5usernotfication

メール通知を送信
このボックスをチェックする事で指定のユーザーに通知のメールを送信します。

どのイベントの際通知するかを指定する事ができます。追加されたイベントのいずれかの状態になると、指定のメールアドレスにEメールが送信されます。

下記のイベントから選択できます:


イベント通知:

  • Archive/Backup/Sync Job Ok / アーカイブ/バックアップ/シンクロナイズが終了。
  • Archive/Backup/Sync Job Warning / アーカイブ/バックアップ/シンクロナイズの警告。
  • Archive/Backup/Sync Job Error / アーカイブ/バックアップ/シンクロナイズのエラー。
  • Other Job OK / 他のジョブ(リストアなど)が終了。
  • Other Job Warning / 他のジョブの警告。
  • Other Job Error / 他のジョブのエラー。
  • Other Job Waiting / アーカイブ/バックアップ/シンクロナイズを含む全てのジョブの待機状態を通知します。
  • Index-Backup Job OK / 自動インデックスバックアップが終了。
  • Index-Backup Job Warning / 自動インデックスバックアップの警告。
  • Index-Backup Job Error / 自動インデックスバックアップのエラー。
  • Label new Volumes / 追加ボリュームが必要な時の要求。
  • Volume Recycled / ボリュームのリサイクル終了時。
  • Device Needs Cleaning / テープドライブのクリーニングが必要です。
  • Device Needs Check / デバイスの環境設定に問題。
  • Volume Suspect / ボリュームが警戒状態(エラーによる)。


イベント通知:

B2Gワークステーションの場合:

  • Workstation Backup Job Ok / ワークステーションでのバックアップジョブ完了。
  • Workstation Backup Job Warning / ワークステーションでのバックアップジョブの警告。
  • Workstation Backup Job Error / ワークステーションでのバックアップジョブのエラー。
  • Workstation Restore Job Ok / ワークステーションでのリストアジョブが完了。
  • Workstation Restore Job Warning / ワークステーションでのリストアジョブの警告。
  • Workstation Restore Job Error / ワークステーションのリストアジョブのエラー。


Eメール:

ユーザーのEメールアドレスを入力します。


「テストEメールを送信」ボタン:

このボタンで指定のユーザーにテストメールを送信できます。

Eメールが正しく送信されるには、有効なメールサーバーを「ローカルホスト」の設定で指定されていなければなりません。

メール通知のほかに、Macでは「Growl」、Windowsでは通知領域を使用して、通知を表示させる設定が可能です。


☆追加オプション

p5useraddopt

日時/時間:

利用する日時の表示形式を指定します。

リストアオプション、パスおよびクライアント:

これらの項目はデータのリストア先の初期値を設定します。