プレスリリース
2019年9月12日

株式会社シナジー


シナジー、音声自動認識サービス 英・Speechmaticsの取次を開始

 


 

株式会社シナジー(東京都江戸川区)は英国 Speechmatics Ltd 社(英国 Cambridge) の音声自動認識サービス 「Speechmatics」の日本国内取次を開始いたします。

Speechmaticsは、回帰型ニューラルネットワークおよび統計分析による言語モデリングをベースとした認識精度の高い自動音声認識サービスで、日本語を含む29言語に対応しています。リアルタイムのライブ音声の他、録音された音声ファイルの自動認識に対応します。

音声データ1時間あたり200円以下の費用でサービスを提供するほか、オンプレミスまたは各種クラウドサービスを通じた運用も可能です。また、API提供による既存のシステムとの連携にも対応します。


● Speechmatics サービス概要

    - 認識精度の高い自動音声認識サービス
    - 日本語を含む29言語に対応
    - 1時間あたり200円での利用が可能
    - オンプレミスまたは各種クラウドサービスに対応
    - APIによる他システムとの連携
    - ライブ音声および音声ファイルの両方に対応


● メディア・エンターテイメント分野の応用例

    - リアルタイム字幕生成
    - 編集効率を高める自動タギング
    - コンテンツの音声によるより詳細なメタデータ情報の抽出
    - アーカイブコンテンツの検索性を高めるタギング

メディア・エンターテイメント分野における自動音声認識技術の応用範囲は広く、リアルタイム自動音声認識による字幕起こしや、メディアアセット管理には、音声認識によるメタデータ付与、さらには特定のキーワードの検出をトリガとして処理を開始するなどの応用が可能です。


● 英国 Speechmatics Ltd について

Speechmaticsは、創業者Tony Robinson博士が、回帰型ニューラルネットワークの自動音声認識への応用に大きな可能性を見出した1980年代まで遡ります。近年のコンピューターの処理能力の向上とGPUコンピューティングそしてクラウドコンピューティングの隆盛を背景に、自動音声認識の潜在性を実現するためにサービス提供を開始しました。
今日も絶えず精度の向上と対応言語の拡充を続けているSpeechmaticsは、その精度の高さから著名な起業に多数採用され、事務的で労力のかかる作業を自動化し、顧客企業の働き方を変革するまでの存在になっています。

ウェブサイト : https://www.speechmatics.com/


● 株式会社シナジーについて

株式会社シナジー(東京都江戸川区)は、ソリューションベンダ機能を持つ専門技術商社として、放送・映像制作を中心としたメディアコンテンツ制作およびプロフェッショナルイメージング分野にデータストレージ機器やソフトウェアなどの生産性向上ツールを供給しています。


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社シナジー
03-4563-1901