LiveGrade と Silverstackの連携

Silverstack バージョン5とLiveGrade 3.4から、相互のソフトウェアの連携機能が強化されました。

HD-SDI出力で、QC・撮影データの品質チェックを次のレベルへ。

撮影した素材でルックの確認を、最高画質でチェック

sst infopanel 3Silverstack XT 5が新たにHD-SDI出力機能を搭載。撮影直後のデータを10ビット色深度・フルHDで、ルックを反映させて確認ができます。ワイドスクリーン上映など、最終納品形態の画面比率を再現できるフレームライン表示も備え、より最終イメージに近い再生確認ができるようになりました。


ラッシュ試写システムやノンリニア編集機へ、高速に受け渡し

Silverstackで前編を通したルックの管理がより便利に

sst infopanel 2DaVinci ResolveAvid Media Composerへ、カラーメタデータを伴って映像素材データを円滑に受け渡すことができるようになりました。Silverstack 5の内蔵トランスコード機能は、ルックを反映させたファイルの出力も行えます。


ルックとクリップの関連付けが簡単に

LiveGradeからルックをエクスポート。クリップとの関連付けはSilverstackのマッチングウィザードにおまかせ。

sst infopanel 1ひとつのライブラリで、クリップもルック情報も一括管理。メタデータやレポートの生成、他のポスプロアプリケーションへの受け渡しもスムーズです。

マッチングウィザード


Pomfort
Silverstack
Silverstack (シルバースタック)
オンセットデータ管理
LiveGrade
LiveGrade(ライブグレード)
オンセットグレーディング

bee2017
2017年国際放送機器展(InterBEE 2017)
ホール8出展小間番号8209
ご来場ありがとうございました。