6章6 アーカイブプラン

P5サーバー、またはクライアントからのデータはアーカイブプランによりアーカイブされます。データをアーカイブするには、まずトップメニューから「アーカイブ」を選び、画面左のサイドメニューから「手動アーカイブ」を選択し、アーカイブ対象のディレクトリ/ファイルを選択してから、画面下の「アーカイブをクリックします。アーカイブを実行する際、アーカイブプランを選択する事ができます。

アーカイブプランの目的は、指定のアーカイブが同様な基準でアーカイブを実行できるようにするためのものです。最も重要である2つのパラメータとして下記のものがあげられます。

  • アーカイブ先の対象となるプールの指定
  • ファイルリストを保管するインデックスの指定

また、データを指定のアーカイブプランのドロップフォルダーにコピーする事で、自動アーカイブを実施する事も可能です。

 

p5archivedetabrowser

 

 6.6.1 アーカイブプランの作成

 1. ウェブブラウザから、P5に管理者としてログインします。

2. トップメニューからアーカイブを選択し、画面左のサイドメニューから「アーカイブプラン」を選択します。

3. 画面下のメニューから「新規」を選択し、フィールドを完成していきます。


☆データブラウザ設定

説明:

指定の名前をこの欄し入力します。名前が後から把握できるようにしてください。

ステータス:

ステータスは、このプランの有効性を下記で表します:

» 有効 … このプランはシステムによる使用を有効としています。

» 無効 … このプランはシステムによって使用されません。

ターゲットプール:

「ターゲットプール」で、どのグループのボリュームにデータを保存するかを選択できます。
※詳しくは6章4「ボリュームプール」を参照ください。

ターゲットインデックス:

データをアーカイブする度に、P5は自動的にアーカイブファイル/フォルダーの一覧を更新します。このリストを利用して、インデックスにあるオンラインストレージのフォルダー構成を複写します。また、サイドメニューの下にある拡張オプション(管理エリア)を選択し、「インデックス管理」から画面下の「新規」を選択する事で新しいインデックスを作成する事ができます。
※詳しくは6章14「インデックスデータベース」を参照ください。

ファイル-フィルタ:

特定のデータをストレージプロセス時に除外する場合、この欄を使ってフィルターを利用する事ができます。
(※6章9「フィルター」を参照ください)

アクセス

特定のグループを指定され、そのグループメンバーに認証されたユーザーのみ、このアーカイブプランを利用する事ができます。

グループが指定されていない場合、全てのユーザーがこのアーカイブプランを利用する事ができます。

☆インデックスオプション

アーカイブ後に、各ファイルはインデックスに、そのディレクトリパスと名前が入力されます。

 

p5archiveindexoption

 

インデックス内でのデータ保管場所:

各アーカイブファイルとそのディレクトリパスにて、対象のインデックスエントリーが存在します。データの管理を構造できるよう、インデックスの階層を設定する事ができます。

下記の2点から選択する事ができます:

» ユーザー先約

絶対パス:

1つのパスを指定し、このプランの全てのアーカイブデータがこのパスを通じてインデックスに保管されます。ユーザーはこのパスの変更/応用操作を利用できません。

» ユーザー選択可

指示された保管場所:

アーカイブを始める際、ユーザーに推薦されるパスのリストが表示されます。ユーザーは一覧から、データを保存するパスを選択する事ができます。またユーザーは一覧に無いパスを入力する事も可能です。

パスプレフィクス

インデックスのルートパス:

標準では、複数のアーカイブジョブはスナップショットにより分裂するため、P5はパスの接頭を自動的には作成しません。しかし、ホットフォルダーを利用したアーカイブを実行する場合、インデックスに全てのファイルを同じディレクトリでアーカイブするため、接頭を指定するのは必要であるかもしれません。その場合、大きなディレクトリが作成される可能性があり、全てのスナップショットをブラウズする時、時間がかかるかもしれません。別のソースフォルダーからアーカイブを実施する場合(手動アーカイブ)、このオプションは必要ありません。

☆自動アーカイブ

P5は「フォルダ監視」を指定する事によって自動的にアーカイブを行う事ができます。これはP5クライアントのディレクトリのリストであり、データを検索する事ができます。また、与えられたディレクトリの中からファイルを指定し、追加/除去が可能です。

自動的に開始

» 有効 … プランは指定の時間に自動的に開始されます。

» 無効 … プランは自動的には開始されず、開始するには「開始」を選択します。

 

p5archiveautoarchi

 

クライアント:

アーカイブ先のディレクトリ、P5クライアントの名称です。P5サーバーの名称は常に「localhost」となります。※詳しくは6章12「P5クライアント」を参照ください。

アーカイブへのディレクトリ:

バックアップする全てのフォルダーはここに表示されます。

※フィルターを利用する事でアーカイブするデータを特定する事ができます。詳しくは6章9「フィルター」を参照ください。

絶対パス:

パスを一覧に追加/除去する場合、この欄に入力し + または - を使って操作します。

[ + ] … 入力したディレクトリはリストに追加されます。

[ - ] … 入力したディレクトリはリストから消去されます。

アーカイブスケジュール

 

p5archiveschedule

 

開始:

開始日時を指定します。日にちはプランの初日を予定します。時間で開始時間を指定します。「間隔」と「停止:」を指定する事で、アーカイブを再始動する事ができます。下欄の「バックアップスケジュール:」により、プランは指定された時間に開始されます。

変更の無いファイルのみをアーカイブに指定する場合、フィルターを利用し、変更していないファイルのみ選択します。

バックアップスケジュール:

「バックアップスケジュール:」でプランの頻度を指定する事ができます。また「第3周の水曜日」などといった、より複雑な日程を組む事も可能です。また、開始日を設定する事によって、2つのプランといった複雑なスケジュールも設定する事ができます。

バックアップスキップ:

「バックアップスキップ:」は「バックアップスケジュール:」と同じように設定する事ができ、特定の日時のスケジュールを除去する事ができます。この機能は、スケジュールと同じ時間に、そのドライブを他の目的に使用していた場合などに役立ちます。また「バックアップスキップ:」を指定する場合、不可能なスケジュールを指定しないよう注意してください。

 

p5archiveoption

 

アーカイブ前にファイル検索:

この欄は、アーカイブ前にファイルのリストを取得するかを選択できます。

» はい … プランが実行されている間、ファイルの数とサイズを一覧する事ができます。

» いいえ … P5は瞬時にアーカイブを開始し、ファイルを一覧する事はできません。

 

使用ボリューム:

通常の場合、アーカイブは指定されたプール(「メディアに追記」)のボリュームにデータを保存されます。各アーカイブが新たなボリューム(別々)に書き込む必要がある場合、「使用ボリューム:」から「新規メディアを使用」を選択してください。

» メディアに追記 …データはメディアの最後尾に書き込まれます。

» 新規メディアを使用 … 各アーカイブは別々のメディアに書き込まれます。

 

書き込み後の検証:

テープドライブが自動的にデータの書き込み時にエラーの検証しているので、書き込み後に新たな検証を実施する必要はありません。

» はい … ジョブ終了次第、検証を開始します。

検証が有効な場合、再度データの検証を実施するため、アーカイブジョブにより書き込まれた全てデータを必要とします。メディアを取り外すとジョブが停止し、テープを確認できるまで待機となります。

» いいえ … 検証しません。

検証が無効な場合、デッドロック(行き詰まり)を生じる可能性があるので、複数のアーカイブジョブの実行をお避けください。

アーカイブ後にファイルを削除:

» はい … ファイルのアーカイブ後、オンラインストレージからファイルを削除します。またその際、ディレクトリは削除されません。

» いいえ … ファイルを削除しません。

アーカイブ前の実行スクリプト:

アーカイブ前の実行スクリプト/コマンドを指定できます。

アーカイブ後の実行スクリプト:

アーカイブ後の実行スクリプト/コマンドを指定できます。

スクリプトへのフルパス(完全な経路)を指定し、ソースクライアントで実行する事を可能にします。もしくは、パスとP5クライアントの名前をコロンで分別して接頭し、特定のクライアントからスクリプトを実行できるようにする事も可能です。

例:

・ソースクライアント

/usr/local/scripts/db-stop

・特定のクライアント

dbserver:/usr/local/scripts/db-stop

on a windows machine:

・Windows

/c/database/scripts/db-stop.bat

 

☆プレビュー生成

初期のプレビュー生成

プレビューはアーカイブ時に自動的に生成する事ができます。プレビューはアーカイブインデックスと共にディスクに保存され、解像度によっては多量のスペースを必要とします。

 

p5archivepreview

 

静止画像

画像の解像度を選択します。

ビデオ/オーディオ

音声/動画プレビューのオフセットと長さを指定します。

※P5でのプレビューする対象のファイルは、各ファイル128MBまで有効です。

ユーザー定義のプレビュー生成

標準のプレビューコンバーター(トランスコーダー)以外で、特定のコンバーターを設定する事も可能です。各コンバーターにて、コマンドと「エクスプレッションズ:」を指定する事ができます。リストされたファイル名を含むファイルは、P5がコンバーターのコマンドを要求します。コンバーターは完全なファイル名を画像/動画のパラメーターとして要求します。よって、通常のアウトチャンネルに、生成するプレビューの(パスを含む)完全名称を与える必要があります。

また、内蔵されているコンバーターが利用できる、音声/動画の長さ、サイズ、オフセットのパラメーターは適用されません。

 

p5arvhivemetaexp

 

自動メタデータインポート

P5は、外部コマンドを使ってメタデータ情報を入力するインターフェイスが存在します。

ファイル名によっては、複数のスクリプトを入力することができます。「新規」を押してメタデータを入力します。

スクリプトは、ファイル名に関連する内容を入力します。スクリプト/コマンド名を入力し、スクリプトが終了しない時の、キャンセルまでのタイムアウト数値を設定します。

スクリプト自体が完全なファイル名(パスも含む)を読み、キーと値のペアとして応答するよう設定しなければなりません。空白の表示は括弧で括り、一つの値として表示します。

例えば、

imagesize {200x400} findercomment {NAB show 2013}

のようなアウトプット入力が、アーカイブメタデータのフィールドの imagesizeとfindercomment に正しく認識されます。

※アーカイブの、インデックスデータベースへのメタデータの入力について詳しい内容は6章14.2.1「フィールド」を参照ください。

「適用」をクリックし、入力を確認します。また、全ての入力データが正しければプランは適用されます。

 

p5archivemetadata

 

 

p5archiveexp

 

 

 

6.6.2 アーカイブ概観

 

アーカイブ概観は最近行ったアーカイブジョブを一覧で見る事ができます。アーカイブフォルダーと共に、実行時間とステータスを表示します。

概観ウィンドウはアーカイブ状況を一目で把握する事ができます。

 

p5archivemain