6 P5サーバーの設定

P5で実際にデータを保存するにはまず、ウェブブラウザを通じて設定を行う必要があります。P5はセットアップをアプリケーションサーバーの管理下にある設定データベースのリソースとして保持しています。アプリケーションサーバーは、バックアップやアーカイブと同様に、コントロールやジョブの実行を管理します。また、様々なリソースの運用については、2章5に記載されています。

操作には事前にライセンスの導入が必要です。ライセンス導入後、各モジュールの「スタートアップ」を選択して設定を開始します。

6.1 ライセンス

ライセンスの機能やアップグレードは簡単です。新たにソフトをインストールする必要もありません。

ライセンスは必要な情報を全て保有しており、ホストIDに指定された特定のサーバーの有効化なども含まれています。

ライセンスをアクティベートするには、ホームスクリーンのライセンスエリアで新たなリソースを作成します。

※注意 : リソースの使用 / ライセンスに関連するジョブを実行する前に、P5は有効なライセンスを確認します。適切でないライセンスのため使用できないリソースは自動的に「無効」と表示されます。

ライセンスを追加し、リソースを作成/追加したら、P5がそのリソースを運用するために、手動で「有効」にしなければなりません。

P5ライセンスは、P5のインストールされた個別のホストを識別するIDと関連付けされています。ハードウェアの変更があった場合、ホストIDが変更され、ライセンスが過渡的な状態になります。この場合はAECHIWAREのライセンスポータルにhttp://www.archiware.com/portal でログインし、新たなライセンスキーを取得してください。

p5license

 

6.1.1 ライセンスと取得

1. ウェブブラウザで管理者権限でP5にログインします。

2. ホームを選択し、画面左側のサイドメニューから「ライセンス管理」を選択します。

3. 画面したのメニューから「マニュアルモードで追加」を選択します。

4. 必要条件を入力します。

5. 「適応」を選択し、インプットを完了します。

シリアルナンバー:

ライセンスペーパーのシリアルナンバーを入力します。シリアルナンバーにはトライアルライセンスを選択すると自動的に入力されます。

ステータス:

ステータスはこのライセンスのリソースの有無を示します。

有効:ライセンスがリソースを適応できます。

無効:ライセンスがリソースを適応できません。

ホストID:

この数値はP5がインストールされたホストを意味します。ライセンスキーを取得する場合、必ずシリアルナンバーとホストIDを取得しておく必要があります。

6. ハードウェアの修正でホストIDが変わってしまった場合、Archiwareライセンスポータルにホストキーを要求してください。

選択:

「ライセンス範囲」中の「選択:」は有効ライセンスの一覧になります。また、トライアルライセンスを選択した場合、シリアルナンバーは自動的に入力されます。

有効期限:

有効期限はトライアルライセンスにのみ存在します。ライセンスの有効期限を表示しています。

メンテナンス失効:

メンテナンスの期限を表示しています。このデータはインストールされているP5には影響しませんが、その後リリースされるアップデートは利用不可能となります

ライセンスキー:

Archiwareはライセンスキーと登録フォームを送信することによって登録を確認します。

6.1.2 ファイルから読み込み

PresSTORE4.4以来、http://www.archiware.com/portal. ARCHIWAREのライセンスポータルでライセンス認証をすると、ライセンスファイルはメールを通して送られてきます。

そのライセンスをP5にインポートするにはホーム画面のライセンス管理を開き、「ファイルから読み込み」を選択します。ライセンスを追加するためダイアログが表示されます。