13章3 -トラブルシューティング- テープドライブのトラブルシューティング

この項ではテープドライブやテープライブラリで起こりうる一般的な問題の対処法を挙げます。
テープドライブおよびテープライブラリは複雑な精密機器であり、全ての問題を解決する事は困難です。

問題は下記の二つに大きく分かれます:
・外部のテープデバイスが確認されない場合 … (13.3.1 テープへのアクセス問題)
・セットアップができない場合…(13.3.2 テープオペレーション問題)

13.3.1 テープへのアクセス問題

デバイスを設定する際に;オープンエラーや、デバイス、アドレスを確認できないなど、エラーメッセージが表示された場合に本項目をご参照ください。

上記のエラーはデバイスがアクセス不可能か、そうでなくなった事を意味します。

デバイスがOSで確認可能かを以下の手順で確認してください:


[Windowsの場合]

デバイスをwindowsデバイスマネージャで確認します。

[Mac OS Xの場合]

Appleメニュー→このMacについて→詳しくの順に開いて確認します。

[Linuxの場合]

Terminalでcat /proc/scsi/scsi を入力し、接続されたデバイスを確認します。

[Solarisの場合]

ジェネリック SCSIドライバーをアンロードしてからロードし、接続されているデバイスを以下の書式を使用し、確認します。
rem_drv sgen
add_drv -v sgen

P5はOSのジェネリック SCSIドライバーを通じて外部のデバイスにアクセスします。デバイスがOSで確認できない場合、P5からのアクセスは不可能となります。また、各テープドライブ(通常シリアル番号か、デバイスベンダで表示されます)に加え、メディアチェンジャー(存在すれば)は別々のデバイスとして認識可能でなければなりません。

デバイスが全て確認できない場合、リブート及び、SCSIバスのリスキャンを以下の手順で実行します:

Windowsの場合、Windowsデバイスマネージャから新デバイスのスキャンを実行します。

Mac OS Xの場合、リブートしか方法はありません。

Linuxの場合、Terminalで以下の書式を入力し、ジェネリック SCSIドライバーをリロードします:
modprobe -r sg
modprobe sg

Solarisの場合以下の書式を入力し、ジェネリック SCSIドライバーをアンロードしてからロードします:
rem_drv sgen
add_drv -v sgen

また、デバイスの電源を消したり、接続の切断、再設定した場合、再びリスキャンを行う必要があります。
またデバイスを確認できない場合、以下の手順を行ってください:


1. 全てのケーブルが正しく接続されているか確認し、 パラレルSCSIデバイスのターミネーターも確認します。

上記の内容を行ったら、デバイスの電源を一旦落としたのち再度投入し(パワーサイクルリブート)リチェックを行います。

2. エラーが再び表示されたら、ホストバスアダプターが正しくインストールされているかを確認したり、ケーブルを取り替えてみてください。

上記の内容を行ったら、デバイスの電源を一旦落としたのち再度投入し(パワーサイクルリブート)、リチェックを行います。

3. 可能であれば、他のテープドライブで確認したり、ハードウェアのマニュアルを確認ください。

OSでデバイスが確認でき、P5でアクセスできない場合、メディアライブラリのストレージマネージャか、スタンドアロンデバイスからデバイスを消去し、再び追加してください。

また複数のデバイスが存在する場合、全てのデバイスで上記の内容を実行してください。

13.3.2 テープオペレーション問題


この項では、以前正しく起動していたデバイスが、テープかチェンジャーに関連するエラーが発生した場合の対処法を記載しています。

一般的な問題は下記の内容で対応できますので参照ください:


1.以下のエラーの場合:

SCSI バスリセット / SCSI Bus reset
SCSI デバイスリセット  / SCSI Device reset
I/O エラー / I/O Error
機器配置のエラー / Mechanical positioning error
移転エレメントの上限 / transfer element full
インターナルターゲット失敗 / internal target failure
無効なエレメントタイプ / invalid element type
無効なフォーマット / incompatible format

これらのエラーは大抵ライブラリ自体の設定に問題があるか、P5の設定に問題があります。

P5からライブラリの設定を消去し、新しく設定し、デバイスの電源を一旦落としたのち再度投入し(パワーサイクルリブート)を行ってください。

また問題が、解決しない場合、機会に問題があるか確認します。
テープがチェンジャーの中で詰まっていて、動けない可能性があります。

2.メディアチェンジャーがトランスポート又は、テープのローディング、アンローディングの際に下記のエラーを表示した場合

→移転先のエレメントがいっぱい

→ソースエレメントが空

下記の問題の可能性があります:

・P5はライブラリのスロットとテープ位置関係を厳密に割り当てます。

新しくカートリッジをドライブの中のテープのスロットに入れなように気をつけてください。

ドライブは空にしてから、テープを変更します。

また、上記が表示された時、チェンジャーをP5ストレージマネージャから一度リセットしてくだしい。

1回のリセットで改善しない場合は、もう一度リセットを行います。


・チェンジャーにスロットの数以上にテープが入れられていないようご注意ください。

21巻のテープを20巻対応のスロットチェンジャーに入れられたとしても、チェンジャーがテープを移動する余地が無くなります(移転先のスロットが塞がってしまいます)。この場合はテープ1巻取り外してください。