8章 データのリストア

8章1 バックアップからのデータリストア:

P5はデータの復元をP5データブラウザを通じて行います。バックアップされた各ファイルは、インデックス内に対応した情報が保持記録されます。


インデックスはそれぞれのファイルが属するボリュームや、ファイルの場所、ファイルに記述された他のさまざまなメタデータ情報が記録されています。まだバックアップをしていないマシン(クライアント)のインデックスは空のまま何も記録されていない状態になります。

データブラウザーを使ってバックアップディレクトリを検索・ブラウズすることができます。バックアップのバージョンを何世代に渡って保持するなどの設定に応じて、データはバックアップされたあらゆる状態でリストアが可能です。これはフルバックアップの回数とその間のファイル変更の回数によります。

元々のファイルシステムにファイルをリストアして書き戻す際、今現在のファイルシステムにすでに存在するファイルとバックアップされるファイルの間で衝突が起こる可能性があります。

リストアを実施する前に、 P5がファイル衝突が発生した時にどのように対処するかを設定できます。たとえば、リストア先に同名のファイルが見つかった時、に代わりとなる別の場所(ディレクトリ)にリストアするように設定して、こうした衝突を避けることができます。


P5以降のバージョンでは、新たにSqLiteがインデックスサブシステムのデータベースに採用されました。これにより従来バックアップサイクルとバックアップの実行に関連付けられていたインデックスは、よりスナップショットとの関連付けが強化されています。各スナップショットバックアップが完了すると同時に、ディスクのツリー構造が表示されます。

また各バックアップが新たなスナップショットを生成します。各スナップショットは選択されたクライアントのすべての保存されたデータにもとづきます。これはバックアップジョブの実行によりスナップショットを作成した際に、新たなファイルのコピーを作成することを意味しません。

※デフォルトではP5は常に直近に保存されたファイルをリストア画面に表示します。

p5restorebackup


8.1.1ファイルのリストア

リストアは次の手順で実施します。

  1. ウェブブラウザーを使って P5にログインします。 詳細は4章1を参照ください。

  2. バックアップインデックスから、リストア対象のデータを特定します。
    復元対象のデータを特定した後、トップメニューから「リストア」を選び、左にある「バックアップからリストア」を選びます。メイン画面ではインデックスの中からリストア可能な対象を表示します。またバックアップできる対象を制限することもできます。各インデックスにアクセスするには、ログインエリアが必要です。※詳しくは6章15インデックスアクセスコントロールを参照ください。

  3. リストア先のフォルダーを参照し、ファイル名をクリックしてバックアップする先頭のファイルを選択します。続いてshiftキーを押しながら追加選択するファイルを選びます。

  4. 下のバーにある「リストア」を押して、バックアップのリストア実行します。
    インデックスの中の複数の場所からリストアを行う場合、全てのファイルを選んで同時に一括でリストアした方が効率的な場合もあります。P5はテープへのアクセスを効率的にし、リストア時間が短縮できるからです。
    実際には、まず”リストアセレクションに追加する”を選択し、後に選択したファイルをリストア対象からリストアします。

 


8.1.2 リストアデータ

インデックスツリーをブラウズしてリストア対象のファイルを選択する際は、コンテキストメニューを通じてファイルを追加する操作だけで、リストアセレクションを簡単に開くことができます。リストアセレクションでは複数のファイル/フォルダーを指定することで、単一のリストアジョブで一度にリストアすることもできます。

選択したファイルをリストアするには、リストアデータウィンドウの”リストア”を選択します。ほとんどの場合この方法によるリストアの方がより効率的で、個別のファイルをリストアを行う必要なくリストア時間を短縮できます。
リストアセレクションはP5グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)からログアウトしない限り、バックグラウンドで動作し続けます。

各インデックスごとにリストアセレクションが存在します。複数のクライアントからファイルの復元を実施する場合は、P5はクライアントごとに個別のリストアセレクションを使用するため、各セレクションごとに別々のリストアジョブを使用してリストアを実施する必要があります。

 

p5restorearchive

 

8章1.3 「リストア」ボタン


「リストア」をクリックすると、リストアターゲットへの詳細な設定項目をリストアオプションで指定できます。ポップアップウィンドウで詳細なリストア時のプロセスを設定できます。

p5restorebottun

リストア (Restore Location) … ここでリストア先を指定します。

クライアントへのリストア (Restore to client) … データの出力先となるクライアントを選択します。

リストア移動先ディレクトリ (Relocate to directory ) …チェックすることで復元されたファイルの復元先を指定できます。リストア対象となるフォルダのサブディレクトリは自動的にこの復元先ディレクトリの下に生成されます。ディレクトリやクライアントの変更はユーザー設定で認可されてる必要があります。※詳しくは6章12「P5クライアント」および6章16「ユーザー設定」を参照ください。


衝突の解決法 (Conflict Resolution:)

ファイルのリストア先にリストアしようとするファイルと同名のファイルが存在する場合、以下の対処法の中から選択できます:

 »復元されるファイルが既存のファイルよりも新しい場合、上書き保存する: … P5はリストアするファイルの方が新しい場合のみ上書き保存します。

 »既存のファイルに対して復元するファイルで上書き保存をする: … P5はどんな場合でもファイルの上書き保存をします。

 »'_R' をファイル名に追加し保存する: … 同名のファイルが存在した場合、リストアしたファイルの頭に'_R'が付きます。 例: ファイル名.tifは_R.tifに書き換えられます。

»リストアファイルを保存しない: … 同名のファイルが既に存在する場合、ファイルをリストアしません。(復元されるファイルを破棄します) 実際にリストアが実施される前に、リストアに必要なボリュームがリストアを正常に完了するために準備ができているかについて通知されます。

オ ンライン状態のライブラリに、リストアに必要なすべてのボリュームが揃っている場合は、P5は自動的にボリュームの交換を自動的に行います。ボリュームが 欠落または検出されない場合には、テープなどのボリュームが検出され有効になるまでリストアは中断し、必要なボリュームの要求を通知します。


”スタート”をクリックすると続行します。
リストアを監視するには、トップメニューの”ジョブ/ログ”から”ジョブモニター”を選択します。※詳しくは6章11.1「ジョブモニター」を参照ください。

8.1.4 インデックスオプション

P5は保存するすべてのファイルをスナップショットで保持します。各スナップショットは、保存されたホストから特定の時点で見えていた状態を保持しています。
各バックアップジョブは新たなスナップショットを生成します。すべての変更されていないファイルと新たに追加されたり更新されたファイルを追加します。

デフォルトでは、P5は常に直近のスナップショットをリストア候補として表示します。

直近のスナップショット以前の古いファイルをリストアする場合、「インデックス」から古いスナップショットを選択します。

「オプション」でサブウィンドウを開いて、特定の古いスナップショットを選びます。


サ ブウィンドウの内の「プール」はリストア元となるメディアプールを選択できます。例えば、バックアッププランが複数の同名ファイルやフォルダーをテープに 保存されているプランの場合、”プール”を選択することでバックアップ元となるテープ群を指定する事ができます。この場合さらにリストアエリアで指定可能 なスナップショット数を絞り込むことができます。インデックススナップショットは、以前既にテープに保存されていてファイルに変更が加わって無い場合、保 存されていないファイルのスナップショットも参照する可能性があります。このため、リストアの最中にスナップショットが撮られる前のテープを開くことがで きます。

p5restoreindex


8.1.5 「バージョン」ボタン

「バージョン」ボタンを押すと保存されているファイルの全てのバージョンを表示します。バージョンは存在するすべてのスナップショットで表示されます。
イ ンデックスオプションのメディアプールの指定で、バージョン数を絞り込むことができます。”バージョン”ボタンは特定のファイルのバージョンを選択する目 的で使用されます。以前の状態のフォルダーツリーを選択したい場合には、対応した正しいスナップショットを選択します。