5.2 P5アーカイブ・ファーストステップガイド

画面上部の「アーカイブ」アイコンを選ぶと、「Getting Started」の項目が左サイドメニューに表示され、「アーカイブアシスタント」を実行できます。アシスタントの手順に従って、アーカイブ対象のデータの場所と、どのようにデータをアーカイブするかを設定します。「アーカイブアシスタント」はアーカイブに関する設定情報を設定したアーカイブプランを管理します。

さらにバーチャルテープライブラリ(VTL)などの仮想メディアチェンジャーや、ライブラリ、オートローダー、ジュークボックスといった物理メディアチェンジャーなどの実機や、単体のテープドライブ等を自動的に設定し、ディスクまたはテープで構成されたメディアプールを使って、テープアーカイブやディスクアーカイブを行うことができます。
書き込みに際してボリュームにはラベリングがされます。保存先となるターゲットストレージについての詳細は6章2から6章4を参照ください。

アシスタントでは、ローカルマシンの代わりに特定のクライアントからデータを保存するようにするためのクライアントの設定も可能です。解説する構成例では、設定しようとするクライアントコンピューターにP5がインストールされている事を前提としています。詳細は6章12を参照ください。

最後にアシスタントにアーカイブ対象となるファイルを指定するファイルブラウザが表示されます。アーカイブプランにて自動アーカイブおよびプレビュー生成についての各種設定が行えます。詳細については6章6を参照ください。

 

p5arvhivestartup