CineRAID データストレージサブシステム

高性能なRAIDコントローラ、クリエイティブ分野への対応実績で定評を持つAreca製品。CineRAIDのデータストレージエンクロージャは、Arecaとの緊密なパートナーシップのもと、安定運用に欠かせない細かな筐体側・ドライブ側の環境情報をGUIユーティリティで利用できるなど、汎用のストレージエンクロージャには無い先進の機能を備えています。

CineRAID社について

CineRAIDは、データストレージメーカーとして「高効率かつ高信頼性・高性能なデータストレージ製品の供給に情熱を尽くし、顧客の成功に貢献する」という経営綱領を掲げています。1990年創立のTekram USAの子会社であるCineRAID社は、SCSIとキャッシュコントローラカードが最先端のデータストレージコントローラだった当時から20年以上にわたる長年のデータストレージシステムの設計・製造の経験でデータストレージを熟知しています。TekramはVL-Bus用の初のキャッシングディスクコントローラを世に送り出し、当時のコンピューティングパフォーマンスの飛躍に貢献しました。Tekramを代表するイノベーション技術、バスマスタリングEIDEチップ、S1040 SCSIコントローラASICの成功は今日に続くTekramの最先端のストレージ技術の主導者としての基礎を築きました。

Areca社の戦略パートナーとして

SCSIからSATA/SASへの変遷期において、ディスクアレイの新技術へのコミットメントとともに1999年に設立されたAreca Technologies(アレカテクノロジーズ)社は、Tekram社が蓄積した先進技術と経験を背景に、独自のカスタムASICがもたらしたデータストレージ技術の変革を受け継ぎ、最初に投入したRAID 6コントローラで市場での成功を収めました。今日、Tekram USAはAreca Technologies社との戦略的パートナーシップのもとCineRAIDと名付けた事業部門を設立し、プロフェッショナルコンテンツ制作ユーザーのニーズに応える高性能で信頼性の高いデータストレージ製品を供給しています。

ユーザーの成功こそがCineRAIDの「サクセス」

CineRAIDにとっての「サクセス」はユーザーの成功を意味します。それゆえにCineRAIDの筐体には、コネクタからエンタープライズレベルのドライブに至るまで、最高品質の部品を積極的に採用しています。RAID構成において真価を発揮するエンタープライズレベルのハードドライブをCineRAIDの標準仕様と定めています。厳格な組立、RAID構築およびテスト工程を経て出荷されるCineRAIDのディスクアレイ製品は、開梱してすぐに使用できるように設定されています。また、ビデオ編集・コンテンツ制作を熟知し、Mac・Windowsに精通したテクニカルサポート体制がコンテンツ制作プロフェッショナルを支えます。

パートナー

CineRAIDは映像・音響・ストリーミングビデオといった各メディアコンテンツ制作機器およびソフトウェアメーカー各社と密接に協業し、さまざまな最新のコンテンツ制作ツールとの互換性を実現しています。また、ハードディスクメーカー各社との緊密な関係により、ユーザーのかけがえのないコンテンツデータと作業性の維持確保に務めています。単に製品開発時ではなく、絶えず互換性を維持すべく独自のテストラボを備え、ユーザーがクリエイティブな作業に信頼性や互換性への不安なく打ち込める環境の維持に精力を注いでいます。

bee2017
2017年国際放送機器展(InterBEE 2017)
ホール8出展小間番号8209