som 960
Silverstack Offload Manager

カメラからのデータオフロード作業とレポート生成に特化したツール


(※「オフロード」とは … 撮影済みのフィルムをカメラのマガジンから取り出してフィルム缶に収容する作業を「オフロード」と呼んでいました。デジタルシネマ製作においても、カメラやレコーダーによる撮影・収録後にメモリーカードなど、デジタルデータが収録されている記録メディアをポストプロダクションへの受け渡し用のポータブルデータストレージ機器に複製または移行する作業を意味する用語として使われています)

撮影データのシンプル&セキュアなバックアップに特化

■ 映画製作のためのバックアップソフトウェア

撮影データのバックアップは、責任と信頼性が求められる作業です。「Silverstack Offload Manager」はデータバックアップ作業に特化したシンプルな操作体系とともに、データの流れを手に取るように掌握しながら、あらゆる撮影シーンで日々の撮影データを安全・確実にバックアップします。データバックアップに特化した低廉な価格は、あらゆる規模の映画製作におつかいいただけます。

● 必要な機能をひとつに集約

各種カメラ収録メディアのファイル形式に幅広く対応。複数のコピー先へのマルチターゲットバックアップも可能。データオフロード作業も見やすくまとめられたレポートとして自動的出力。作業伝票や報告書としてのドキュメントも自動生成します。

● 実績のSilverstackテクノロジーによる、安全・確実なデータ退避

堅牢で信頼性の高いデータベリフィケーションによるセキュアなデータバックアップ。世界中の映画製作で実績の豊富なSilverstackのテクノロジーをそのままに、データオフロードに特化したツールです。

● オフロード作業専用のシンプルな操作系

データの流れが手に取るように分かるシンプルな操作系。バックアップされたメディアデータをいつでもトレースできます。

■ 撮影データをオフロード

●これまでになくシンプルにデータを安全・確実にバックアップ

「Silverstack Offload Manager」は各種デジタル映画製カメラの各種データフォーマットのデータコピー作業に特化したツールとして、映画製作・テレビ映像制作を問わずご利用いただけます。カメラの収録フォーマットのみならず、RAWシーケンス、写真、音声ファイル、表計算や文書ファイルなど、あらゆるファイル形式に対応しています。転送されるデータはすべてxxHash、MD5、SHA1などの主要チェックサム形式によるベリファイを経て安全・確実にコピーされます。

■ ワンクリックでオフロードレポートを生成

● 日々の業務レポート作成を簡単に

データの受け渡し先に、コピーデータに添えて整然とレイアウトされたオフロードレポート文書を自動生成。書式は2種類のフォーマットから選択可。作業の記録となるレポートを文書化することで、的確な工程とツールによってデータが安全確実にコピー・確認がされたことを証明できます。編集をはじめとするポストプロダクション工程へのデータの受け渡しが素早く、シンプルに行なえます。

■ 上位版Silverstack XT/LABとの連携機能

● DIT業務とデータコピー業務を分業&連携integration

撮影データを安全・確実に退避させるためのオフロードに特化したソフトウェアツールですが、データオフロード時にバックグラウンドでカメラメタデータを保持してデータを保存します。オフロードされたデータをSilverstackシリーズの上位バージョンの「Silverstack XT」および「Silverstack LAB」に移せば、クリップの再生や品質チェック、管理が行えます。

 

■ 複数ソースからの並列オフロード機能でコピー時間を短縮

Silverstack Offload Manager バージョン1.1では複数ソースからの同時コピーに対応しました。収録メディアを挿入したカードリーダーや、オフロード元のドライブを接続して、同時コピーをしたい並列処理数を指定するだけ。オフロードのソースが1つでも複数でも、Silverstack Offload Managerがコピーを高速に同時処理をします。

 

「Pomfort Account」(ポムフォートアカウント)について

ライセンスの状況の確認や管理をユーザー自身の手で行えるオンラインシステム「Pomfort Account」が2018年より公開されました。この記事では「Pomfort Account」を開発・公開した経緯についても説明します。

pf acc

● Pomfort製品のライセンシングシステム

すべてのPomfort製品は、ソフトウェアライセンス許諾を保有する正規ユーザーのみが利用できるように、ライセンスコードを使ったアクティベーションプロセスを採用しています。今日のソフトウェア産業では、多種多様なライセンシング方式が存在しますが、いずれもソフトウェアを使い始めるまでにユーザーに何らかの手間を強いるものです。Pomfort社では、ライセンスを購入後すぐにユーザーが利用できるように、できる限り簡便で即時性のあるライセンスコード方式を採用しています。

複数のPomfort製品ライセンスを保有するユーザーの多くが、異なるMacの間でライセンスを頻繁に移行しています。しかしながら複数のライセンスを数台のMac間でやりくりしていると、どのライセンスがどのマシンでライセンスが有効化されているかを特定することが難しくなります。また、ライセンスがインストールされたままMacが故障したり、譲渡・売却するなどして、OSのクリーンインストールを行ってしまった結果、ライセンスのアクティベーションを解除することができなくなる問題も発生しています。この場合には、Pomfort社にライセンス解除を依頼して、手作業でライセンスを解除する手続きを踏まなければなりません。またこの際の手作業での手続きでは、時差の問題などの理由により即時に問題が解消されないなどの問題を抱えていました。

こうした問題の解決を目指して、ユーザー自身で保有しているライセンスを管理・確認できるようにするべく開発されたオンラインシステムが「Pomfort Account」なのです。

● 「Pomfort Account」とは?

「Pomfort Account」はユーザーが保有しているPomfort製品のライセンスを確認・管理できるウェブベースのオンラインシステムです。デスクトップコンピュータの他、タブレット端末やスマートフォンでの利用も考慮されています。

利用には、まず次のURL https://account.pomfort.com/ からユーザー専用のアカウントを作成します。 「Pomfort Account」では、購入の際に登録したものと同一のemailアドレスをログイン名として使用します。アカウントを登録することで、同一のemailアドレスを使用して購入したライセンスが一緒に登録されます。

● Pomfort Accountでできることは?

「Pomfort Account」に入ると、すべての有効なライセンスおよび最近失効したライセンスが、ライセンスキー、購入日、アクティベーション年月日、ライセンス失効年月日、次回サブスクリプション更新予定日などのライセンスに関連した情報とともに表示されます。

pf acc 259x300

さらにPomfort Accountの画面では、ライセンスがアクティベーションされたコンピュータを特定するための「Location Name」項目も表示します。「Location Name」項目にはお使いのコンピュータ名など、任意の文字列が入力できます。

● 緊急ライセンス

Pomfort Accountでは、通常のライセンシングを行えるほか、さらに「緊急ライセンス」の発行機能を追加しています。
アクティベート済みの利用中ライセンスを持つ年間更新形式のサブスクリプションライセンス保有ユーザーは、何らかの理由で通常利用しているライセンスが動作しなくなったなどの場合に使用できる「緊急ライセンス」を発行することができます。この「緊急ライセンス」は、たとえば代替機などの他のコンピュータでもすべての機能が利用できます。

緊急ライセンスの作成は、インターネットに接続してPomfort Accountにアクセスできる限りいつでもどこからでも可能です。緊急ライセンスは5日間有効です。

Pomfort Account、そしてサブスクリプションユーザー向けの緊急ライセンスは、ライセンス有効化の利便性や保有ライセンスの状況の一括管理、そして緊急トラブルの回避手段を提供することでカスタマーエクスペリエンスの向上を目指しています。Pomfort社ではPomfortAccountに限らず、ライセンスやその他のご質問や問題解決の手助けができるように願っています。

 

 

LiveGrade と Silverstackの連携

Silverstack バージョン5とLiveGrade 3.4から、相互のソフトウェアの連携機能が強化されました。

HD-SDI出力で、QC・撮影データの品質チェックを次のレベルへ。

撮影した素材でルックの確認を、最高画質でチェック

sst infopanel 3Silverstack XT 5が新たにHD-SDI出力機能を搭載。撮影直後のデータを10ビット色深度・フルHDで、ルックを反映させて確認ができます。ワイドスクリーン上映など、最終納品形態の画面比率を再現できるフレームライン表示も備え、より最終イメージに近い再生確認ができるようになりました。


ラッシュ試写システムやノンリニア編集機へ、高速に受け渡し

Silverstackで前編を通したルックの管理がより便利に

sst infopanel 2DaVinci ResolveAvid Media Composerへ、カラーメタデータを伴って映像素材データを円滑に受け渡すことができるようになりました。Silverstack 5の内蔵トランスコード機能は、ルックを反映させたファイルの出力も行えます。


ルックとクリップの関連付けが簡単に

LiveGradeからルックをエクスポート。クリップとの関連付けはSilverstackのマッチングウィザードにおまかせ。

sst infopanel 1ひとつのライブラリで、クリップもルック情報も一括管理。メタデータやレポートの生成、他のポスプロアプリケーションへの受け渡しもスムーズです。

マッチングウィザード


Silverstack Offload Managerを除く、Silverstackシリーズの機能一覧です。特に印の無い機能はSilverstack、XTの表示がある項目はXT以上のバージョン(XTおよびLAB)の機能です。(LAB)表示の項目はLAB版の機能です。

クリップライブラリ

ライブラリ
  • 単一のライブラリによるストレージを包括的に管理
  • 全アセットのサムネイル表示
  • オフライン・オンラインを問わず全てのアセットへの常時アクセス
連番ファイル
  • 連番画像ファイルの自動識別
  • 連番画像を単一のクリップとして自動認識
  • JPEG、TIFF、DPXによる連番ファイル素材対応 (例:タイムラプス撮影データなど)
管理
  • 各デジタルシネマカメラ固有のメタデータへの対応*
  • クリップおよびサイドカーファイル(XML, ALE等)からのメタデータ抽出*
  • 素材データおよび変換後のファイルを同一のライブラリで一括管理
  • トランスコード進捗表示
 ベリファイ状況
  • クリップ・ビン単位でのベリファイ状況表示
カラー&ルック
  • 基本グレードコントロール
  • CDL and LUTグレーディングモードでのノードベース操作
  • アドバンストグレーディングモード
  • ASC-CDLおよび3D LUTのベーシックグレーディングノード
  • 1D LUT, HHS, カーブノード等のアドバンストグレーディングノード
  • グレーディングノードから直接ASC-CDL(.cdl)の読み込み&保存
  • [LAB] 最大12クリップまでのアドバンストプレイヤーグリッドビューによる比較対照
  • 2クリップまでのプレイヤーグリッドビューによる比較対照
  • ルックライブラリ
  • ショートカットキーを使用したルックのコピー・ペースト操作
  • グレーディングパネル機器対応
  • クリップとルックを単一のライブラリで管理
  • 最新のACESバージョンのダウンロード(ACES1.0.3まで)
  • RED IPP2 カラープロセシングを使ったカスタムルック
オーディオ
  • Broadcast Wave ファイル(BWF, .wav)の自動検出
  • 複数トラックを持つオーディオクリップの自動検出
  • LTCタイムコードの抽出
  • [LAB] タイムコードへの自動同期
  • [LAB] タイムコードを基準とした音声クリップの同期調整・再同期
  • [LAB] タイムコード目盛り表示と音声波形の拡大・縮小表示を使った詳細な同期調整
  • 映像・音声の手動同期調整
  • フレームステッピング
ダイナミックメタデータ
  • ダイナミックメタデータ対応
  • [LAB] ダイナミックメタデータを焼き込んだトランスコード
検索
  • クリップ名、メタデータ、ユーザー情報などでのクリップ検索
  • 複雑な検索条件に便利なスマートフォルダ
 ライブラリの並び替え
  • アルファベット順または日付順のライブラリアセットの並び替え
インポート
再リンク
  • Silverstack外に移動・コピーされたファイルの再リンク
キーボード
ショートカット
  • メインメニューの操作に対応したキーボードショートカットのカスタマイズ

 

オフロード&バックアップ

バックアップ
オフロード
ベリファイ
  • コピージョブの完了とともにベリファイ処理の逐次実行
  • コピー/ベリファイを個別に実行(コピーを完了させ、ベリファイを事後に実行)
インジェスト
  • ポストプロダクションでの混乱を防ぐ重複クリップ検出機能
  • ルック管理でのフォーマットごとのインジェスト設定
  • コピーを伴うことなく、クリップライブラリへの取り込み
ボリューム
  • 使用されたストレージボリュームのオーバービュー
  • 容量検証、使用容量、空き容量レベル
  • ファインダーを経由せずボリュームをアンマウント
  • SealVerifyを併用したメディアの一貫性を担保するボリューム封緘(シール)機能
  • SealVerify利用のための封緘情報管理
ワイルドカード

 

ジョブ

ジョブキュー
  • 複数ジョブの逐次実行・並列実行
  • コピー・トランスコードジョブの視覚化されたジョブキュー表示
  • 処理待ちジョブのドラッグ・ドロップ操作による処理序列変更
  • 特定のオフロード処理の優先処理化
ジョブ中断
  • サブタスクの完了後のジョブ中断
  • 中断・再開操作を使って処理序列の最適化操作が可能
ジョブヒストリー
  • すべての完了ジョブの履歴表示
ジョブステータス
  • pervasiveステータス表示からいつでもジョブの状態を確認可能
  • 見やすい表示でジョブ完了・エラーを瞬時に把握
 ジョブモニタリング
  • オフロードおよびバックアップ進行中ビンのライブラリでの進捗表示
  • ジョブパネルで依存関係にあるジョブの表示

 

再生・品質チェック(QC)

ネイティブ再生*
  • 対応カメラフォーマットのネイティブでのリアルタイム再生
  • 包括的なクリップタイムラインでの素早い閲覧操作
  • チャンネルミキサー・メーターを備えたオーディオ再生
  • シングルオーディオトラック再生
  • 「絶対時間再生」「全フレーム再生」目的に合わせた2つの再生モード
プロセシング*
  • クリップごとに画像処理の設定ができる再生・トランスコード
  • アナモルフィックレンズ撮影素材へのアスペクト比率補正
  • 水平反転・垂直反転、180度回転
  • ルック適用処理 (ファイルからのlog-to-video, プリセットまたはカスタム3D LUTの適用)
フレームライン
HD-SDI 出力機能
  • HD-SDIモニタ上での10ビット色深度でのクリップ再生
対応外部出力機器
  • AJA KONA シリーズ AJA Ioシリーズ AJA T-TAP対応
  • Blackmagic Design Ultrastudio, Mini Recorder, Decklinkシリーズ対応
内蔵ビデオスコープ
  • 波形モニター、ヒストグラム、ベクトルスコープ機能
サードパーティ製
ビデオスコープ
  • ScopeLink経由による「ScopeBox」対応
Quick Look経由での再生
  • メディアファイル: QuickTime, AVI, MPEG4, MP3, AAC, AIFF, WAV, JPEG, JPEG 2000, Adobe PhotoShop, TIFF, BMP
  • その他のフォーマット: XDCAM HD, DPX および サードパーティ製Quick Lookプラグイン
  • 制作関連文書など: PDF, HTML, RTF, Pages, Numbers, Keynote, Word, Excel, PowerPoint, TXT, CSV
ディスプレイオプション*
ユーザーインフォメーション*
  • コメント、ラベル付与、5段階レーティング評価、フラグ付での管理
  • キューポイント追加での特定フレームへのコメント追加
  • クリップセグメントへのイン点・アウト点追加
  • キューポイントを利用したライブラリ内検索

トランスコード機能

ラッシュ試写・オフライン素材へのトランスコード
  • トランスコードの設定管理を行う「Transcoding」タブ
  • 出力先をパスワイルドカードを利用してカスタムフォルダ構造を指定可能
  • トランスコード設定の確認に便利なトランスコードプレビュープレイヤー
  • トランスコードされた出力ファイルのクリップライブラリへの自動登録
  • [LAB] 2つ以上の内蔵GPUを利用した高速トランスコード
  • [LAB] 外部GPUを利用した高速トランスコード
  • [LAB] 複数素材を1ファイルに連結してトランスコード出力
  • QuickTime ProRes および H.264へのトランスコード
出力フォーマット
  • [LAB] MXF DNxHD および DNxHR(OP-Atom)
  • [LAB] Quicktime DNxHD / DNxHR
  • Quicktime ProRes
  • Quicktime H.264
  • Quicktime H.265 HEVC (要 OS10.13以降)
  • MP4 H.264
  • MP4 H.265/HEVC(要 OS10.13以降)

トランスコード
設定項目

  • カスタムトランスコード設定(Basic版は1カスタム設定が1つ) および複数のトランスコードプリセット
  • [XT] 複数のカスタムトランスコード設定
  • [XT] 異なる解像度、マルチフォーマット・複数の出力先を指定可能
  • H.264 / H.265で任意のビットレートでの出力
  • [XT] フルHD以上(1920x1080)以上の解像度への出力
  • 透かし、TC、クリップ名など基本情報の焼き込み出力
  • [LAB] Media Composer 用のAAFファイル生成
  • [LAB] メタデータなど、より詳細な焼き込み情報への対応
  • [LAB] 任意のアスペクト比でのフレームライン焼き込み
エンベデッドオーディオ
  • リニアPCMおよびAACコーデックでのステレオミックスダウン
  • エンベデッド音声データのトランスコードに対応 (ステレオミックスダウン)
  • [LAB] マルチチャネル音声を持つファイルへのトランスコード
  • コピー処理中を自動優先するためのトランスコード自動一時停止
ワークフロー対応
  • [LAB] 自動メタデータコンパニオンファイルエクスポート
画像・映像処理
  • アナモルフィックレンズ利用などのアスペクト比補正、ミラーデバイス利用時などに対応するフリップ変換
  • 解像度・クロップ設定
  • ルックの反映 (任意のファイルまたはライブラリから指定可)

レポート機能

出力
  • 見やすいレイアウトのレポートで、オンセット業務のレポートを撮影スタッフやポスプロに配布
書式・フォーマット
  • ライブラリ内のすべてのメタデータを含めたレポートの出力
  • 多彩なレポート出力形式(CSV, HTML, PDF)
  • 用途に合わせて選べる多彩なレポート種類
  • レポートの表示項目のカスタマイズとプリセット保存
  • 1クリップごとに3つのサムネイルを表示させたレポートの生成

インポート & エクスポート

インポート機能
  • メタデータインポートでのQTake XML連携
  • MovieSlate XMLの連携によるメタデータインポート
  • EDLコンフォーム機能をつかった、インポートされたEDLによる関連クリップ・アセットのビンへの抽出
  • シールされたライブラリアーカイブのインポート
 エクスポート機能
  • FCP XMLファイルおよびFCP X FCPXMLのエクステンドメタデータを伴ったエクスポート
  • ALEファイルのエクスポート
  • DaVinci Resolveへのクリップ(.csv)およびカラーメタデータ(.ccc, ColorTrace)を伴ったエクスポート
  • Assimilate Scratchへのカラーメタデータを伴ったエクスポート
  • AVID Media Composerへのカラーメタデータを伴ったエクスポート(.ale)
  • Adobe Premiere Pro へのクリップメタデータエクスポート
  • [XT] Adobe Premiere Proへのクリップ・音声同期情報を伴うエクスポート
  • プレイヤーからの静止画(JPG, TIFF)のエクスポート
  • [LAB] クラウドプラットフォーム「Drylab」へのエクスポート
  • [LAB] COPRA dailies システムへのエクスポート
  • [LAB] ARRI Webgate サービスへのエクスポート
ルック
  • Pomfort LiveGradeからのルックインポート クリップメタデータの転送および自動ルックマッチング
  • カスタム3D-LUTファイルのインポート
  • 複数フォーマットへルックをエクスポート
プロジェクト設定
  •  プロジェクト設定のインポートおよびエクスポート
  • 新規プロジェクトの作成や定例処理に便利なデフォルトプロジェクト設定テンプレート
  • オフロードテンプレートやライブラリフォルダ構造、スマートフォルダ等の保存・管理、受け渡しが可能
ZEISSレンズ補正
  •  [XT] ZEISS xD レンズのエクステンデッドデータのAmbient MasterLockit Plusを利用した取り込み
  • [XT]プレイヤー上でレンズ補正データを反映させたプレビュー
  • [XT]ZEISSレンズ補正ファイル(.xlcf)の出力

ユーザーインターフェース

UI レイアウト
  •  管理・QC・カラー、UI用のクイック設定ボタン
  • [LAB] トランスコード設定へのクイックアクセスボタン
セカンドディスプレイ
  •  [XT] 2画面操作環境への対応

 

アドバンストカメラフォーマット対応カメラ

ARRIRAW
  • ARRI Alexa (.ari) **
  • ARRI Alexa Mini (.mxf) **
  • ARRI Alexa (.mxf) **
  • ARRI Alexa 65 (.ari) **
  • ARRI Alexa LF (.ari) **
CODEX HDE ARRIRAW
  • ARRI Alexa **
  • ARRI Alexa 65  **
  • ARRI Alexa LF  **
Blackmagic RAW
  • Blackmagic Design URSA Mini Pro 4.6K
  • Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K
AVC-Intra
  • Panasonic Varicam **
Canon XF Movies
  • Canon C300 Mk. I & II **
  • Canon C500 **
  • Canon C700 / C700 FF **
  • Canon C200 **
 Canon XF HEVC
  • Canon XF705 **

Canon MPEG-4
AVC/H.264(.mts)

  • Canon C100 **
Canon CinemaRAW Light (.crm)
  • Canon C200 / C200B
Canon 非圧縮RAW(.crm)
  • [XT] Canon C700 / C700 FF / C300 MK II
CinemaDNG
  • BMCC
  • Bolex D16 **
  • Ikonoskop
  • IndieCam
連番画像ファイル
  • JPEG / TIFF / DPX
H.264 Quicktime Movies
  • キヤノン デジタル一眼カメラ **
  • GoPro Hero **
  • ニコン デジタル一眼カメラ **
 Kinefinity KineRAW
  • TERRA 4K/5K/6K
  • KineMINI 4K
  • KineMAX 6K
 Panasonic DNG RAW
  • Panasonic Varicam LT (Convergent Design社 Odyssey7Q+との併用による)
Phantom Cine
  • [XT] Vision Research Phantom Flex/Flex4K/Miro
ProRes Quicktime Movies
  • AJA KiPro
  • ARRI Alexa/Alexa65/Mini/ Alexa LF / ARRI Amira **
  • RED カメラ各種 **
  • Panasonic Varicam **
  • Sony Venice **
  • Atomos Ninja and Samurai
  • Codex Action Cam
  • Convergent Design Odyssey
 REDCODE
  • RED Weapon Dragon 6K, Weapon Helium 8K S35,  Weapon Monstro 8K VV **
  • RED Raven 4.5K **
  • RED Scarlet-X, Scarlet Dragon, Scarlet-W 5K **
  • RED Epic-X, Epic Dragon, Epic-W 8K **
  • RED One, RED One MX **
Sony RAW
  • ソニー F5/F55/F65
Panasonic V-RAW
  • [XT] Panasonic Varicam
X-OCN LT, ST and XT
  • [XT] Sony F5/F55, Venice (with AXS-R7 recorder)
XAVC
  • ソニー F5/F55 **
XAVC S
  • ソニー a7S

* 一部のカメラフォーマットに対応
** 音声データ対応

 

システム動作要件

対応コンピューター Intel Mac
対応OS Mac OS X 10.12 以降
sst60 900

映画撮影のオンセットデータ管理ツール

撮影現場でのメディア管理を、もっとスマート&シンプルに。オンセット・ニアセットでのSilverstackによる綿密な作業は、編集・フィニッシング・グレーディング・MAから納品までの撮影後のあらゆるポストプロダクションの工程を通じて、制作効率を大幅に改善します。

大量の映像素材をすばやく・確実にバックアップ

同時複製オフロードSilverstackは大切な撮影データを守るデータセキュリティ機能を備えています。先進の高速チェックサムアルゴリズム「xxhash」や、高速ストレージ利用時に1次・2次コピーで速度を最適化する「カスケーディングコピー」など、進化を続けるSilverstackのデータコピーエンジンが撮影データのオフロードに威力を発揮し、高速なポータブルデータストレージの恩恵を余すところなく活用できます。
上位版の「Silverstack XT」では、LTFSでのLTOテープドライブへの高速データ転送にも対応しています。


収録データをメタデータ、ルックとともに整理・体系化

ov2撮影クルー、ポスプロを含めた制作スタッフ間での連携・コミュニケーションには、的確なメタデータが付与・管理されたメディアデータが欠かせません。Silverstackはライブラリでルック情報も含めて撮影素材とメタデータ、カメラメタデータを管理。さらに映像・音声以外のあらゆるファイル形式もセキュアに保護された上で確実にコピー・管理が行えます。
RAWデータ・Log素材を含め、各社デジタルシネマカメラに幅広く対応。Silverstackは多数の主要デジタルシネマ収録形式へのネイティブ対応により、映像・音声の再生や、カメラ固有のメタデータやルック管理にも対応しています。また、ルックを反映させてのProResやH.264へのトランスコード機能を備え、ラッシュ試写(デイリー)、プレビューやオフライン編集用データとして利用することができます。


新機能カラーグレーディング機能・ルックライブラリ

グレーディング機能たにカラーグレーディング機能をバージョン5から追加し、ルックのリアルタイム操作やクリップごとのルック作成、プロジェクトを通じたルックデータの管理を行えるルックライブラリを搭載しました。オンセットグレーディングソフトウェア、Pomfort 「LiveGrade Pro」からのルック情報の取り込みにも対応。「マッチングウィザード」で複数クリップへのルック情報を自動で関連付けられます。


カラー情報と一緒に、クリップデータの受け渡し、共有

ルックメタデータ

クリップレポート出力、プレビューファイルのトランスコード、ラッシュ試写・ノンリニア編集ツールへの受け渡し。

カスタマイズ性に富むPDFレポートの出力。複数のSilverstack間でのメタデータライブラリの受け渡しが可能。
クリップはカラー情報、メタデータを伴って DaVinci ResolveやAvid Media Composerなどのラッシュ試写ツールや編集ソフトウェアに受け渡すことができます。
撮影現場でのデータ管理作業を加速するSilverstackは、データ管理と撮影素材のインジェストを集中管理するハブとして、分業が進んだ映画製作環境を取りまとめることができます。


基本機能を持つ「Silverstack」(通常版)、上位バージョンの「Silverstack XT」、オンセットデイリー出力機能を備えた「Silverstack LAB」

機能SilverstackSilverstack XT

ライブラリインポート機能
EDLコンフォーム

-
LTFS / LTO対応 -
Sony F55 / F65 RAW、Phantom RAW
アドバンストカメラフォーマット対応
-
HD-SDI 出力 - • [NEW]

アドバンストグレーディングモード
(CDL Advanced、ACES、Freestyle他 )

- • [NEW]
ベーシックグレーディングモード (CDL /  LUT) • [NEW] • [NEW]
オフロードウィザードテンプレート •[NEW]
その他各種アドバンストカメラフォーマット対応
その他各種機能

 

Silverstackシリーズには、2019年5月現在、4つの派生製品が存在します。

● Silverstack

チェックサムベリファイによる安全・確実な撮影データのコピー機能を備えた、映画製作・映像制作のための撮影データ管理ツールです。メタデータを駆使した管理・編集、撮影データの整理・分類、映像品質チェックを行い、撮影データを後続の工程を行うポストプロダクションへ受け渡します。また、詳細なデータを網羅した、作業伝票を兼ねたレポート出力機能を備えています。


● Silverstack XT

Silverstackに機能を盛り込んだ拡張(XT : extended)機能版です。
各種デジタルシネマカメラのRAWデータにも対応し、ビデオI/Oデバイスを利用した再生や、グレーディング、音声波形データによる詳細な同期調整、波形モニタ、ベクトルスコープなどの測定ツールなど、映画撮影に便利な各種機能を備えています。プレビュー用のトランスコード機能、そしてダイナミックメタデータにも対応しています。


● Silverstack LAB

XTに搭載されているトランスコード機能を更にデイリー生成のために強化し、ラボ(現像所)の機能を盛り込んだ、シリーズ最上位バージョンです。
「ラッシュ」「デイリーラッシュ」あるいは「デイリー」と呼ばれる、撮影結果をいち早く確認するための試写用フィルム。今日のデジタルシネマ時代において試写データ生成のワークフローをオンセットでの再現を目指したのが「Silverstack LAB」です。

センサーサイズと異なる上映用アスペクト比での出力や、ルックの適用、メタデータや透かしを焼き込んだ出力も可能です。

オンセットで撮影データを試写用のデータを高速に生成する機能を備えてるほか、映画のオフライン編集に多用されるAvid Media ComposerへのDNxコーデックMXFファイルの出力及び付随メタデータへの出力にも対応しています。

● Silverstack Offload Manager

撮影データ管理機能を省き、撮影データのオフロード作業のみに特化した、チェックサムベリファイ・コピー専用ツールです。

撮影データの保存作業に専念できるように、操作系をデータオフロードだけに絞ってシンプルにしました。

撮影データやカメラからのメタデータ等はすべて保持されるので、Silverstack(スタンダード版 /XT版/LAB版)にデータを引き継いで管理するなど、他Silverstackシリーズの補助ツールとして使用できます。

DITカートに組み上げられたフル機能のSilverstackと組み合わせることで、DIT業務とデータオフロード作業の分業・連携が実現します。

サブカテゴリ

icon96 silverstacklogo40 silverstack bSilverstack サポート情報および日本語マニュアルです。

2016 05 12 Pomfort SealVerify App Icon 1 300x255

2016 05 12 Pomfort SealVerify Writing 300x48

「Pomfort SealVerify」は、1ボタン操作のメディアデータの一貫性を検証するツールです。MacおよびWindows向けのソフトウェアとして無償配布しています。Pomfort SealVerify を使うことで、データが改変されることなく受け渡されていることを、実績の豊富なMHLチェックサムを使うことですばやく、簡単・確実にチェックできます。

workflow j

LiveGradePomfort LiveGrade サポート情報です。